神を敬い、人に仕える(4代目学長 山田耕太)

大雪の中で年度末を迎えました[2019-02-01]

この冬は珍しく雪が少なかったですが、先週末から大雪となり、この冬初めて雪かきで汗を流しました。

21日月曜には、昨年の秋に1年生全員が新発田市周辺でバスハイクをして、フォト・ウォークで撮った写真のフォト・コンテスト表彰式が行われました。昨年は天気にも恵まれ、甲乙つけがたい写真が数多くありました。100文字程度の説明文とプレゼンと学生たちの評価点も加味して、学生らしい視点から審査し、金賞・銀賞・銅賞・写真のまちシバタ賞を進呈しました。今後も街中や郊外の風景の中でおもしろいものを発見していただきたいです。

22日火曜には英語文化コミュニケーション学科の卒論発表会、26日土曜には共生社会学科の全体報告会がありました。また、3月5日火曜には国際文化学科の卒論発表会があります。4年間の大学生活の中で、いろいろな人との出会いや経験の中から、あるいは数多く書くレポート課題の中から、自分にとって最も興味のある課題を見つけ、それを掘り下げてまとめていくことができれば幸いです。人生で最も大切な大学時代で、自分の将来の課題となるものに出会い、それを自分の「ライフワーク」として展開していくことができれば幸いです。

2019.2.1学長ブログ

英語文化コミュニケーション学科卒論発表会の様子

 

25日金曜には東京・市ヶ谷の私学会館で今年度2回目の学長会議がありました。今回のテーマは「社会と大学の接続:社会が求める人材像と大学教育」で、経済産業省と企業と大学からのプレゼンテーションとディスカッションがありました。学生たちが「何のために生きるのか」「何のために働くのか」を4年間でよく考える教育をして、社会に送り出していかなければならない、と強く感じて帰ってきました。(山田 耕太)

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報