神を敬い、人に仕える(4代目学長 山田耕太)

後期がはじまりました[2019-09-27]

「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、朝夕はすっかり秋めいてきました。空も雲も、秋の空、秋の雲になってきました。半袖から長袖に衣替えするようになりました。

この夏も学生たちはさまざまなジャンルで活躍しました。広島女学院大学主催の平和学習プログラムに2人学生が参加し、沖縄キリスト教学院大学主催の平和学習プログラムにも今年初めて2人の学生が参加しました。沖縄タイムスや琉球新報にも記事として報道されました。また、Keiwa HOPEの学生たちは広島県呉市の復興支援ボランティアから無事戻ってきました。

2019.9.27学長ブログ

Keiwa HOPEのメンバーが広島県の復興支援ボランティア活動に参加しました

 
 
Jazz Questは、山野ビッグバンド・ジャズ・コンテストに今年も参加し、20位以内に入って来年度のシード権を獲得しました。バドミントン部は、今年も北信越大学選手権、中部大学選手権でも完全制覇し、西日本学生選手権では男子ダブルスで優勝と第三位という好成績を収めました。この勢いで、インターカレッジ選手権での活躍を期待しています。

この他にも、さまざまな学生たちの活躍と成長があったと思います。新学期にそれぞれの学生が学びや活動において自分自身の目標を掲げて、一歩でもその目標に近づく努力をしていただきたいと思います。教職員も学生たちの学びや活動を支援することを惜しまないと思います。目指すのは、一人ひとりの学生がより自立して、成長していくことです。(山田 耕太)

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル