神を敬い、人に仕える(4代目学長 山田耕太)

12月に入りました[2019-12-06]

大学のキャンパスで冬囲いが終わると、翌日にはみぞれからひょうに変わり、やがて初雪となりました。日本の暦では新年を迎える準備の師走に入りました。キリスト教の暦では、クリスマスを迎える準備の待降節(アドヴェント)に入っています。

先週26日にオレンジ会役員会が開催され、今年度事業の中間報告と共に、ノースウェスタン大学への短期留学派遣学生への奨学金支援を増額することを決定しました。28日には6人の学生にオレンジ会奨学金贈呈式を行いました。2年前のオレンジ市訪問団をきっかけに新たな短期留学プログラムを開発し、ノースウェスタン大学留学の道が再開することをうれしく思います。

2019.12.06学長ブログ

ノースウェスタン大学へ短期留学する6名の学生に対し、奨学金贈呈式を行いました

 

28日午前中にはエフエムしばたの取締役会があり、午後には学校法人敬和学園の理事会・評議員会が開催されました。理事会・評議員会では、高校・大学・法人の報告の後で、主として監事の機能強化に伴う私立学校法の大幅な改定による「寄付行為」の改定案が協議されました。

29日夕にクリスマスツリー点灯式を行い、そこで「インマヌエル(神我らと共にいます)」という小説教を語りました。

30日に敬和学園高校で高大合同研修会が開催され、英語研修や平和研修を中心に高大7年間教育の具体的なアイディアが出てきました。短・中期的に分けて協議し、実践したいと思います。(山田 耕太)

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル