神を敬い、人に仕える(4代目学長 山田耕太)

本学の中長期ビジョン[2020-01-24]

遠い山々は雪で覆われていますが、平野には雪がまったくありません。こんな冬は30年近く新発田・聖籠地域に住んで初めての経験です。先週末のセンター試験は本学では28年目、新潟リハビリテーション大学と共同開催して10年目でしたが、今年も大過なく無事終わりました。

2020.1.24学長ブログ

例年のような積雪に見舞われることなく、今年も無事終えることができました

 

本学は今から12年前に中長期計画を立てた時に、ミッション・ステートメントの目指すべきビジョンを次のとおり定めました。

「隣人に仕えるための地域社会への貢献として(、少子高齢化と地域格差の進む時代に)、持続可能な社会の担い手を育成します。」( )内は学則に取り込む際に削除し簡潔にしました。

これはミッション・ステートメントの3つの教育方針(キリスト教主義・国際主義・地域主義)の中で、地域主義に力を入れていくことを示しています。これに基づき12年間の基本目標、6年間の行動計画、3年間の具体計画を立て、当初のロードマップ1では16部門毎に、現在のロードマップ4では18部門毎に、点検評価して毎年達成度成果を測っています。

現在は、各種のアクティブラーニングや「地域経営ディプロマ」という学科を越えた教育プログラムなどで、「まちなかキャンパス化」を目指しています。こうして地域社会の学生を地域社会の担い手にする地域循環型教育に力を入れています。(山田 耕太)

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル