神を敬い、人に仕える(4代目学長 山田耕太)

2月に入りました[2020-02-07]

新型コロナウイルスが猛威を振るっています。本学には武漢から来た中国人留学生はいませんが、留学生には春節や春休みに中国に帰国しないように勧め、万が一帰国する場合には再入国できない場合があることを伝えました。また、留学生たちが中心になって、大量のマスクを調達し武漢の赤十字病院に送りました。

2020.2.7学長ブログ

留学生が中心となり、武漢の赤十字病院に支援物資を送りました

 

大学は試験週間が終わりました。1月14日には教職課程反省会が開かれました。学校現場での実習報告とそこから各自が取り組んでいる課題についての反省がありました。それに続いて、先週火曜の1月28日には英語文化コミュニケーション学科の卒論発表会がありました。どちらの会も同級生ばかりでなく、下級生も大勢出席して、教室が満席に近かったことに圧倒されました。卒論発表会では、それぞれの演習の特色がよく出ていました。

2020.2.7学長ブログ

英語文化コミュニケーション学科の卒論発表会では、大勢の学生が参加し、質疑応答が活発に行われました

 

大学の4年間でさまざまなことを学びますが、その中でたった一つのことでよいですから、どうしても自分で知りたい、調べたいという課題に取り組んでいただきたいと思います。それには「なぜ」「どうして」という問いを持ち、分からないことは直ぐに調べるという習慣を身につけることが大切です。その中でも、どうしても知りたい、これが分かるまでは容易には生きられないという大きな課題を見つけたらもうけものです。その課題と誠実に向かい合い、自分の納得できる回答を探し求めることが、新しい生き方となってきます。(山田 耕太)

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル