神を敬い、人に仕える(4代目学長 山田耕太)

秋らしい青空の下で

2020年9月18日
秋らしい青空にうろこ雲やすじ雲が見えるころとなりました。11日金曜はハラスメントに関する職員研修会と防火訓練で、それぞれ有意義な時を持ちました。私は一週間、大学改革支援・学位授与機構による国立4大学の中間達成度評価に追われた日々でした。 …の続きを読む

収穫の秋を迎えました

2020年9月11日
強大な勢力をもった台風9号、10号が九州の西側を真っ直ぐに北上し、各地にその爪痕を残していきました。被災地の復興をお祈りいたします。大学の周辺のコシヒカリの美田は、刈り入れ前の黄金色に覆われ、最も美しい時期を迎えています。大学近くの果樹園も…の続きを読む

9月に入りました

2020年9月4日
夕暮れが美しい時になりました。新発田・聖籠は海が近いので一年中違った夕暮れが楽しめます。田んぼの向こうの遠い森影に太陽が沈んでいく夏空の夕暮れも美しいです。 先週25日火曜には、今年3月に本学を退職された佐藤渉先生に学長室で名誉教授号…の続きを読む

前期の最後の授業日となりました

2020年8月28日
夕暮れになるとコオロギやスズムシやカネタタキの虫の音が草むらから聞こえるころとなりました。残暑はまだ厳しいですが、朝夕は多少しのぎやすくなりました。 今学期はコロナ禍の中での異例続きで、8月の最後の週まで前期の授業をすることになりまし…の続きを読む

戦後75年経って

2020年8月21日
連日、35度を超える猛暑の日々が続いています。朝から夕方までアブラゼミが短い命を謳歌して鳴いています。夕暮れには秋の虫の音も聞こえます。残暑お見舞いを申し上げます。 6月23日の沖縄戦終結、8月6日の広島原爆投下、8月9日の長崎原爆投…の続きを読む

コロナ禍の中での夏のご報告

2020年8月14日
ようやく長い梅雨が明け、セミしぐれの日々に変わりました。残暑お見舞い申し上げます。コロナ禍の中でさまざまな困難な課題に直面する中で、全く新しいことを経験する日々です。『敬和カレッジレポート』第95号(pdf形式、3.19MB)のデジタル版が…の続きを読む

「神を敬い、人に仕える」(2020.8.7. C.A.H.)

2020年8月7日
2020年度、敬和学園大学は創立30周年を迎えました。今回は、敬和学園の歩みを明治時代のキリスト教学校の歴史から遡って解説したスライド資料を、音声つきで公開させていただきます。 音声つきスライド動画「神を敬い、人に…の続きを読む

長い梅雨が明けて

2020年8月7日
街中ではサルスベリの赤い花が咲き始めました。「百日紅」と漢字では書きますが、文字どおり長い間花が咲きます。気象庁は梅雨明け宣言を出しましたが、最後に新潟県下越地方でも激しい雨が降り、新発田市でも一時大雨警報と避難指示が出ました。新発田市の中…の続きを読む
2020.7.31学長ブログ

真理の光を求めて

2020年7月31日
先週は西の調整池ではシオカラトンボが水辺付近を飛んでいるのを見ました。尋真館の廊下にオニヤンマが迷い込み、女子学生たちが逃がそうとしていましが、窓を開けるとスーッと飛んでいきました。尋真館の前庭では、韓国の国花ムクゲの白い花と紫色の花が満開…の続きを読む

大自然の梅雨明け宣言

2020年7月24日
大学の駐輪場の近くの栗の木は、5月から6月にかけて黄緑色の細長い花をたくさん咲かせていましたが、今はもうすでに緑色の小さなイガに覆われた実を結んでいます。秋に向けて次第に大きな実となっていきます。先週からセミがキャンパスで鳴き始めました。気…の続きを読む

梅雨の豪雨の後で

2020年7月17日
「五月雨をあつめて早し最上川」芭蕉は「奥の細道」の旅で、旧暦6月(新暦7月)の梅雨の雨で河川が急流となる句を詠みました。今年も線状降水帯の停滞により梅雨の雨が豪雨となり、各地の河川が氾濫し、大きな被害となっています。被災地の復興をお祈りいた…の続きを読む

梅雨空の下で

2020年7月10日
ツバメが低く飛び交い、生まれたばかりのひなに口移しでエサを与えて子育てする姿を目の当たりにするころとなりました。しばしば庭先で咲いた花を学長室に差し入れてくれる学生から、この度はノウゼンカズラのオレンジ色の花をいただきました。 6月2…の続きを読む

Zoom会議が続きました

2020年7月3日
梅雨になってアジサイの花の色が深まってきました。新発田市の赤谷地区ではホタルが飛び交うころとなりました。 6月23日先週火曜の午後には、新発田市の新しい図書館の複合施設イクネスしばたで新発田市との連携協議会が開催されました。5年前に比…の続きを読む

来週から対面授業に戻ります

2020年6月26日
梅雨の晴れ間には、大学キャンパス上空の高い所でヒバリがさえずっています。近くのどこかにヒバリの巣があるのでしょう。時計台の真下では、今年もキンシバイの黄色い花が美しく咲いています。 先週の19日金曜のチャペル・アッセンブリ・アワーの終…の続きを読む

リンゴの木と桜の木

2020年6月19日
庭先では、ツユクサの紫色の花が咲きました。新潟県も梅雨入りして、雨の日が多くなってきました。5月中旬に白い花が咲いた本学のニュートンのりんごの木に、青いリンゴの実が実ってきました。この木は、ニュートンが万有引力の法則を発見した孫の木になりま…の続きを読む

地域循環型社会の重要性

2020年6月12日
遠くの山々の山頂付近を覆う大きな白い綿雲が、上昇気流によって入道雲に育ちはじめるころとなりました。今年は例年になく街中でカッコウが鳴いています。大学の周囲の水田では夜の帳が降りるころからカエルの合唱がにぎやかになります。 …の続きを読む
2020.6.5学長ブログ

対面授業がゆっくりと再開されました

2020年6月5日
大学の西の調整池では、佐渡島からいただいたカンゾウの花が見ごとに咲いています。初夏の暑さがやって来て、クールビズの季節に入りました。 今週から月・水・金曜の対面授業が始まりました。来週は火・木・土曜の対面授業が始まりま…の続きを読む

遠隔授業を対面授業に戻していきます

2020年5月29日
太陽が出ると夏のような暑さになり、青空には綿雲が出るようになりました。大学の東の調整池の周りでは、新発田の花であるアヤメが咲き始めました。6月に入ると日本四大あやめ園の一つである五十公野公園の300種類60万株のアヤメも次々と咲き始めること…の続きを読む

緊急事態宣言が解除されました

2020年5月22日
大学の進入路脇やキャパスの周囲では、水を張った田に苗が整然と植えられました。大学の玄関横のニュートンのりんごの木も花が咲いています。 大学の遠隔授業も2週間を過ぎて、3週間目に入りました。新潟県も先週14日木曜に緊急事態宣言が解除され…の続きを読む

人と人が会う喜び

2020年5月15日
今週の日曜は朝から街中でカッコウの鳴く声を聞きました。例年よりも数週間早いのではないかと思わされました。遠くの山々の雪も山頂付近を除くとほとんど溶けてしまいました。 先週から始めた遠隔授業は、順調に滑り出しました。チャペル・アッセンブ…の続きを読む
メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル