神を敬い、人に仕える(4代目学長 山田耕太)

クリスマスを迎える季節となりました

2020年11月27日
朝夕はコートが欠かせない季節となりました。落ち葉がきれいに掃き出されたキャンパスでは、ドウダンツツジの植え込みが鮮やかに赤く紅葉して、緑のツゲの植え込みと好対照をなしています。 キリスト教の暦では、今年は明後日の11月29日の日曜から…の続きを読む

コロナ感染者が新潟でも次第に増えてきました

2020年11月20日
みぞれが激しく降って雪かと見紛う日もあれば、透き通るような青空にモミジが美しく映える日もあるころとなりました。遠くの飯豊連峰は真っ白な雪化粧となりました。 先週8日日曜には日本基督教団新発田教会では、敬和学園大学デーとして本学の田中利…の続きを読む
2020.11.13学長ブログ

本格的な寒さに向かう季節となりました

2020年11月13日
先週は例年よりも1、2週間早く、雷が鳴ってひょうが降りました。新潟の長い冬の始まりです。遠くの飯豊山の谷間は白くなり、すでに初雪が降ったことが分かります。次第に高い山頂からだんだんと山全体が白くなり、やがて平野に雪が降りてくるようになるでし…の続きを読む

霜月に入りました

2020年11月6日
大学を囲む桜の木々も紅葉した葉が散り始め、進入路のケヤキの木々も紅葉しています。11月の霜月に入りました。明日7日は暦の上では立冬、すなわち冬のはじめになります。20年近く前に内モンゴル放送大学外国語学院と協定を結んだ帰りの立冬の日に、フフ…の続きを読む
2020.10.30学長ブログ

フランシス「被造物の讃歌」で秋の日を讃えます

2020年10月30日
いと高く、全能の、善なる主よ あなたこそ、賛美、栄光、誉れ、すべての祝福はあなたのもの いと高き方、あなたこそこれらを受けるにふさわしい方 あなたの名前を呼ぶのに誰一人として値しない    讃えよ、主よ、あらゆる被造物とともにとりわけ我…の続きを読む
2020.10.23学長ブログ

白鳥がシベリアからやって来ました

2020年10月23日
つるべ落としのように太陽が沈んでいく秋の夕暮れとなりました。夕闇迫る大空を白鳥の群れがいくつも声を掛け合いながらがん行し、北から南の瓢湖の方を目指して飛来するころとなりました。 先週11日日曜には、地域課題を解決するソーシャルビジネス…の続きを読む

後期の授業が始まりました

2020年10月16日
台風14号が過ぎ去り、さわやかな秋晴れとなりました。昨年のちょうど同じころの台風19号のような大惨事にならなくてよかったと思います。大学の東の調整池近くでは青い大きなカリンの実がなっています。西の調整池の脇ではツバキの木が赤い小さな実をつけ…の続きを読む

「イエスの祈り」(2020.10.9. C.A.H.)

2020年10月9日
皆さん、おはようございます。今日は毎週チャペル・アワーの交読文で交読している「主の祈り」について、その意味を考えてみたいと思います。「イエスの祈り」とタイトルをつけましたが、新約聖書の「イエスの祈り」はもう一つ有名な祈りがあ…の続きを読む

One Generation(1世代)

2020年10月9日
新学期を前にして大学のキャンパスは草木が刈り込まれてきれいに整えられました。中庭ではコスモスが咲いています。西の調整池では赤トンボが多く飛び交っています。 先週9月30日には前期卒業式式辞、10月1日には後期入学式式辞、3日には大学創…の続きを読む

創立30周年記念式典式辞

2020年10月3日
皆さま、今日は大変お忙しい中、敬和学園大学創立30周年記念式典と記念講演会にご出席くださりありがとうございます。この式典は当初4月に予定していたのですが、新型コロナウイルス感染症のため延期して本日の開催となりました。まだコロ…の続きを読む

創立30周年を祝います

2020年10月2日
先週は秋雨前線が停滞して、秋の長雨が続きましたが、また今週から秋らしい空が見えてまいりました。 例年より1週間ほど遅れて短い夏休みが開け、今日2日は学生たちが一人ずつ、アドバイザーの教員から履修指導を受ける履修相談日です。明日から後期の授…の続きを読む

2020年度後期入学式式辞

2020年10月1日
敬和学園大学ご入学おめでとうございます。秋らしい天気となってまいりました。今大学の周りの田んぼでは最後の稲刈りをしています。今日の入学式を楽しみにしておられたのではないでしょうか。社会人としてハローワークや社会福祉施設での長…の続きを読む

2020年度前期卒業式式辞

2020年9月30日
卒業生の皆さん、敬和学園大学ご卒業おめでとうございます。今日はすばらしい秋晴れで、皆さんの門出を祝しているかのようです。皆さんがここに至るまでの大学生活の歩みを振り返れば、その中には晴れの日もあり、曇りの日もあり、雨の日も雪…の続きを読む

後期が始まります

2020年9月25日
「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、朝夕は肌寒くなってまいりました。大学のリンゴの木もプルーンの木もクリの木も、たくさん実をつけています。今年の夏も40度近い日々が続きました。今年はコメの成長にはあまり影響がなく、品質のよいコメが多く収穫で…の続きを読む

秋らしい青空の下で

2020年9月18日
秋らしい青空にうろこ雲やすじ雲が見えるころとなりました。11日金曜はハラスメントに関する職員研修会と防火訓練で、それぞれ有意義な時を持ちました。私は一週間、大学改革支援・学位授与機構による国立4大学の中間達成度評価に追われた日々でした。 …の続きを読む

収穫の秋を迎えました

2020年9月11日
強大な勢力をもった台風9号、10号が九州の西側を真っ直ぐに北上し、各地にその爪痕を残していきました。被災地の復興をお祈りいたします。大学の周辺のコシヒカリの美田は、刈り入れ前の黄金色に覆われ、最も美しい時期を迎えています。大学近くの果樹園も…の続きを読む

9月に入りました

2020年9月4日
夕暮れが美しい時になりました。新発田・聖籠は海が近いので一年中違った夕暮れが楽しめます。田んぼの向こうの遠い森影に太陽が沈んでいく夏空の夕暮れも美しいです。 先週25日火曜には、今年3月に本学を退職された佐藤渉先生に学長室で名誉教授号…の続きを読む

前期の最後の授業日となりました

2020年8月28日
夕暮れになるとコオロギやスズムシやカネタタキの虫の音が草むらから聞こえるころとなりました。残暑はまだ厳しいですが、朝夕は多少しのぎやすくなりました。 今学期はコロナ禍の中での異例続きで、8月の最後の週まで前期の授業をすることになりまし…の続きを読む

戦後75年経って

2020年8月21日
連日、35度を超える猛暑の日々が続いています。朝から夕方までアブラゼミが短い命を謳歌して鳴いています。夕暮れには秋の虫の音も聞こえます。残暑お見舞いを申し上げます。 6月23日の沖縄戦終結、8月6日の広島原爆投下、8月9日の長崎原爆投…の続きを読む

コロナ禍の中での夏のご報告

2020年8月14日
ようやく長い梅雨が明け、セミしぐれの日々に変わりました。残暑お見舞い申し上げます。コロナ禍の中でさまざまな困難な課題に直面する中で、全く新しいことを経験する日々です。『敬和カレッジレポート』第95号(pdf形式、3.19MB)のデジタル版が…の続きを読む
メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル