神を敬い、人に仕える(4代目学長 山田耕太)

本学で日本新約学会が開催されます

2018年8月17日
8月も半ばを過ぎる日中は相変わらずの猛暑ですが、青空にはほうき雲やすじ雲が出てきて秋の気配を漂わせています。夜には鈴虫や松虫などの秋の虫が鳴き始めています。 8月から9月にかけての夏休みは、教員にとっては研究に勤しむ貴重なひと時でもあ…の続きを読む

8月のオープンキャンパス大盛況でした

2018年8月10日
猛暑の真夏を迎えています。昼には、家々の庭のサルスベリ(百日紅)の木が、文字どおり鮮やかな紅色の花を夏の間咲かせて、目を楽しませてくれます。大学の正門前の田んぼでは、既に稲穂が出始め、塩辛トンボが飛んでいます。夜には、薄いルビー色に輝く火星…の続きを読む

夏のご報告『敬和カレッジレポート』第91号より

2018年8月3日
暑中お見舞いを申し上げます。連日40度近い酷暑の日が続いています。お変わりございませんでしょうか。 『敬和カレッジレポート』第91号(pdf形式、2.34MB)ができあがりましたので、ご覧ください。 長年の夢がかなって沖縄キリスト教…の続きを読む

広東海洋大学寸金学院 国外特別聴講学生 修了式式辞

2018年8月1日
広東海洋学院寸金学院から本学に来られた皆さん、特別聴講生の修了おめでとうございます。中国から本学に留学した卒業生が新潟大学で博士課程を終えて中国に戻り、広東海洋大学の教員に着任して、寸金学院と本学の間で学術教育協定が結ばれま…の続きを読む

「キリストに倣う(フィリピ2:1-11)」(2018.7.27. C.A.H.)

2018年7月27日
人間は一人では生きていけません。他の人との関わりの中で生き、他の人に支えられて生きています。しかし、クラブやクラスの仲間と共に生きていく中で、どうしても他の人のある行動が許せないとか、他の人のある考えが許せないとか、他の人と…の続きを読む

朋あり遠方より来たる また楽しからずや

2018年7月27日
図書館脇の小さな林の中では、ムクゲの木に大きな白い花がたくさん咲いています。連日各地で気温が40度近くまで上がり、まるで日本が温帯ではなく、亜熱帯の国になったかのような錯覚を起こさせます。 先々週の火曜には東京築地から築地居留地研究会…の続きを読む

のぞみの里の開所10周年おめでとうございます

2018年7月20日
新潟県も先週初めに梅雨が明けて、朝からアブラゼミがしきりに鳴いています。大学の玄関脇にあるニュートンのりんごの木は、青々とした実を実らせました。ニュートンの生家がある南イングランドの青リンゴは、調理用なので、そのまま食べてもおいしくはありま…の続きを読む
2018.7.14学長ブログ

祝のぞみの里開所10周年

2018年7月14日
富塚・のぞみの里開所10周年おめでとうございます。「10年一昔」「苦節10年」と申しますが、過ぎ去ってみれば、あっという間の10年間であったと実感しています。ここに至るまで、入居者さまやご利用者さまとその家族の皆さま、渡邊美穂施設長をはじめ…の続きを読む

「くまタリアン㏌しばた」を開催しました

2018年7月13日
先週の4日水曜には、大学構内でも梅雨明けを告げるかのようにセミが鳴き始めました。FMしばたでは、山沿いのサル出没情報がクマ出没情報に変わってきています。本学を今年卒業した若山真生さんが、先週夕方の生放送に出演し初デビューしました。偶然私も帰…の続きを読む

本格的な夏の暑さが到来しました

2018年7月6日
新発田市境に立つ大日岳山系と新潟・福島・山形の三県にまたがる飯豊山系の上に、巨大な入道雲が立ち上がるようになりました。関東甲信地方では観測史上初めて、例年よりも一か月早く、先週の6月29日金曜に梅雨が明けました。新潟県では梅雨明け宣言は出さ…の続きを読む

地域循環型教育を推し進めて

2018年6月29日
遠くの大日岳山系の谷間からは雪渓がすべて消えました。その裏側に垣間見える飯豊山系の谷間には、例年では6月上旬に消える雪渓がまだところどころ見えます。この冬の積雪量が多かったことを物語っています。 先週の23日土曜には、…の続きを読む
2018.6.23学長ブログ

7年間の一貫教育(高校大学合同研修会)

2018年6月23日
1. はじめに 敬和学園の教職員の皆さん、敬和学園の教育にご尽力くださり、心から感謝を申し上げます。昨年は学校法人敬和学園ならびに敬和学園高校創立50周年を祝うことができました。四半世紀に及ぶ高大一貫教育の時の重みと、「敬神愛人」すなわち…の続きを読む

梅雨の晴れ間に

2018年6月22日
ピロティの前庭ではヤマボウシの高い木が白い花に覆われ、時計台の下ではキンシバイの黄色い花が咲いています。ドバトがしきりに鳴くころとなりましたが、先週も学長室でケーンと一声キジの鳴き声を聞きました。 先週の16日土曜には、百数十人の高校…の続きを読む

全国の大学との連携と支援の中で

2018年6月15日
庭先ではムラサキツユクサが数多く咲いています。春から初夏にかけての日差しを受けて、梅の実やビワの実が実るころとなりました。大学では尋真館の前のアジサイも次第に色づいてきました。 学校法人敬和学園は、北は北海道から南は沖…の続きを読む

地域社会の中で生かされて

2018年6月8日
早朝にカッコウの鳴き声で目を覚ますころとなりました。おそらく近くの住宅の林の中に巣があるのでしょう。先週久しぶりにキジの鳴き声を聞きました。キャンパスには隠れるところがほとんどないので、いなくなったのかと思っていました。 5月から6月…の続きを読む

水無月に入りました

2018年6月1日
キャンパスでは赤や白や真紅のバラの花が満開です。東の調整池の水辺では新発田の花アヤメが、西の調整池の水辺では佐渡の花カンゾウが満開です。6月という水の月に入り、空模様も梅雨が近いことを告げています。 先週の25日金曜には、新発田市カル…の続きを読む

ペンテコステを迎えました

2018年5月25日
水田はまるで海辺のように水をたたえています。その沼地に根を下ろした若い苗が天に向かって真っすぐに伸びています。夜になると水田でアマガエルが一斉に鳴き出すころとなりました。 今週の日曜20日は、キリスト教の暦では復活祭(イースター)から…の続きを読む

沖縄、長崎、広島を心に刻んで

2018年5月18日
晴れると初夏のような暑さになり、曇や雨になると3月ころの寒さに戻る日が、数日おきに交替しています。キャンパスではドウダンツツジの白い小さな花の後に、コデマリの白い小さな花が丸みを帯びて花束のように咲いています。赤紫のツツジの花が満開です。 …の続きを読む
2018.5.11学長ブログ

東西文明の交差点

2018年5月11日
5月2日の八十八夜を過ぎて、三国山脈の向こうの茶どころでは新茶のためにきれいに刈り込まれた茶畑の木々が新緑で輝いています。山辺ではウグイスがしきりに鳴き、山々では桐の木が紫の花で覆われています。 5月4日には長崎の教会群がユネスコの世…の続きを読む

若葉が萌え出る五月となりました

2018年5月4日
大学の周りの田んぼも代かきが終わり、田に水が入り、田植えが始まりました。事務棟の前では藤の花が咲き、ニュートンのりんごの木も花が開きました。街中ではツバメが低く飛び交い始めました。「若葉して 御目の雫 拭はばや」(芭蕉)という若葉が萌え出る…の続きを読む
メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報