人文社会科学研究所

敬和学園大学は、開学当初からカリキュラムの中に人文科学系ばかりでなく、社会科学系や自然科学系の学問体系を整え、従来の学問体系を超えた学際的研究の促進を図ってきました。
人文社会科学研究所は、開学10年目を迎えた2000年9月に設立されました。本研究所は、敬和学園大学における研究を推進し、その成果を積極的に社会に還元していきます。

共同研究 (2016年度)

2016年度の共同研究助成の対象は、下記のとおりです。これらの研究成果は、研究期間終了後、原則として1年以内に研究所発行の「人文社会科学研究所年報」に発表されます。

研究題目 「社会福祉実践におけるソーシャル・インクルージョン・アートの構築に向けた研究-新潟県の福祉現場におけるアール・ブリュットの実践と実態調査を通して-」
研究組織 趙晤衍(代表)、樺沢浩
研究期間 2016年4月より2017年3月まで(1年間)
研究題目 「演劇的手法を用いた総合的なコミュニケーション能力を高める授業の実践と開発研究」
研究組織 有田佳代子(代表)、金山愛子、外山節子、杉村使乃
研究期間 2016年4月より2017年3月まで(1年間)
* 2017年度の共同研究助成の対象は、2017年5月上旬に決定予定です。

「人文社会科学研究所年報」の発行

敬和学園大学人文社会科学研究所における共同研究の成果・各種論文および活動報告をまとめた「人文社会科学研究所年報」を、毎年5月に発行しております。

これまで発行した「人文社会科学研究所年報」の一覧はこちら

公開研究発表会や学術講演会、ワークショップ等の開催

本研究所の研究成果を地域に還元するため、各種講演会を開催しております。

ページトップ

メールを送る

ページトップ

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報