益谷 真(ますたに まこと)

職名

教授 (人文学部 英語文化コミュニケーション学科)

主な担当科目

心理学、対人コミュニケーション論、コミュニケーション演習、発達と学習の教育心理学、教育の方法・技術、教育相談、教育活動アクティブワーク、心理学理論と心理的支援

こんな授業をしています

素朴な心理プロセスに関心があります。社会に出て役立つ実践的なコミュニケーションの技能を高め、卒業研究に取り組むことを通じて知性を磨き、問題解決能力と自己教育力を開拓していきます。人がいかに学ぶのかについて理解を深め、学ぶことの楽しさにも気づき、生涯学習の助走を始めてもらいたいです。

▶ 連絡先: masutani@keiwa-c.ac.jp
出前講義の内容はこちら

略歴

1982年 同志社大学文学部 卒業
1990年 同志社大学大学院博士後期課程 単位取得満期退学
1993年より 敬和学園大学

研究分野・主な研究業績

研究分野
コミュニケーション行動の心理学

主な著書・研究業績
  • 『素朴な心のサイエンス』 北大路書房、2003年。
  • 『心と行動のサイエンス』 北樹出版、1999年。
  • 『顔と心 ― 顔の心理学入門』 サイエンス社、1993年。
主な所属学会
日本心理学会、日本教育心理学会、日本教育工学会、日本発達心理学会、日本行動科学学会、日本協同教育学会、日本社会心理学会、日本健康心理学会、日本感情心理学会、日本学生相談学会

詳細な「研究者情報(ReaD)」はこちら(外部リンク)

地域での活動

2019年から現在 新発田市下水道事業審議会委員
2018年から現在 新発田市水道水源保護審議会委員

2011年10月 新潟市北区オープンカレッジ 「愛の本質を科学的にとらえる」
2008年6月 新潟市北区オープンカレッジ 「顔の心理学」

ページトップ

メールを送る

ページトップ

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル