一戸 信哉(いちのへ しんや)

職名

教授 (人文学部 国際文化学科)

主な担当科目

情報メディア論、デジタルジャーナリズム論、コンピュータリテラシー、現代社会演習、アクティブ・ラーニング演習

こんな授業をしています

「必修の『パソコン』、いやだけどしょうがない」と思ってやってきた学生たちでも、楽しみながらコンピュータやインターネットを多彩に使いこなせるようになるような、実践的な授業を目指しています。 新しいウェブテクノロジーは、人々の情報共有のあり方や情報流通の形式を、ここ数年で革新的に変化させてきています。この先数年間で、マスメディアを含めた大きな変化が、急激に進んでいくことでしょう。こうした変化を楽しみつつ、社会変化の波に柔軟に対処できる大学、大学生、を作っていきたいと思っています。

▶ 連絡先: ichinohe@keiwa-c.ac.jp
出前講義の内容はこちら
http://shinyai.com(ICHINOHE Blog : 外部リンク)

略歴

1993年     早稲田大学法学部 卒業
1995年     早稲田大学大学院法学研究科公法学専攻修士課程 修了(修士(法学))
1995-2000年  財団法人国際通信経済研究所 研究員
2006年より   敬和学園大学

研究分野・主な研究業績

研究分野
情報法、情報メディア論

主な著書・研究業績
  • 『ソーシャルメディア論:つながりを再設計する』(藤代裕之編著) 青弓社、2015年。(共著)
  • 「『コンテンツ抽出サービス』と著作権」 『情報通信学会誌』86号、2008年。
  • 「デジタルコンテンツのネットワーク上での流通と著作権法の課題」 『情報通信学会誌』77号、2005年。
  • 「P2Pを利用したサービスの現状と最近の論議について」 『稚内北星学園大学紀要』1号、2002年。
  • 『サイバー法判例解説』 株式会社商事法務別冊NBL No. 79、2003年。(分担執筆)
  • 『Q&A インターネットの法務と税務』 新日本法規、2001年。(分担執筆)
  • 丸山不二夫編『情報メディア論』 八千代出版、2000年。(共著)
  • 『通信・放送の融合』 日本評論社、1997年。(共著)
主な所属学会
情報ネットワーク法学会、情報通信学会、情報処理学会、国際法学会

詳細な「研究者情報(ReaD)」はこちら(外部リンク)

地域での活動

2018年から現在 しばた寺開き実行委員
2016年から現在 エフエムしばた番組審議委員会委員長
2016年から現在 新潟県教育庁高等学校教育課 生徒指導等の在り方検討ワーキンググループ委員
2015年から現在 サイバー空間の脅威に対する県産学官民合同対策プロジェクト推進協議会会長
2013年から現在 新潟日報ソーシャル編集委員
2013年から現在 新潟県警サイバー犯罪対策アドバイザー
2011年から現在 情報セキュリティワークショップ in 越後湯沢 大会運営委員長
2010年から現在 新潟ソーシャルメディアクラブ主宰

2018年10月 新発田市オープンカレッジ「ソーシャルメディア時代の観光」
2015年1月 にいがた市民大学「まちづくりの現在と行方」
2014年11月 新発田市オープンカレッジ「学生は新発田の映像をどう撮ったのか?-学生制作映像上映会」
2014年11月 にいがた市民大学「インターネット社会の光と陰、そして未来−リスク社会とどう向き合うか−」
2014年10月 にいがた市民大学「インターネット社会の光と陰、そして未来−リスク社会とどう向き合うか−」
2014年8月 にいがた市民大学「まちづくりの現在と行方」
2014年3月 新発田市「文化遺産を活かしたにぎわいづくりシンポジウム」コーディネータ
2014年3月 公益財団法人かすがい市民文化財団「公立ホール中堅職員のための芸術経営セミナー2014」「SNSがSOSを出さない方法」

ページトップ

メールを送る

ページトップ

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル