論文・出版物

『阿賀北ロマン賞 大賞作品集』[2020-10-01]

『阿賀北ロマン賞 大賞作品集』

敬和学園大学 2020年10月

【巻頭言】
 阿賀北ロマン賞に感謝 !  敬和学園大学学長 山田耕太
 人を限りなく慰めるもの -「古いハスのタネ」をヒントに  作家・「三田文學」元編集長 加藤宗哉
 敬和学園大学文学賞「阿賀北ロマン賞」回想 -思い出すままに- 敬和学園大学名誉教授 北嶋藤鄕

第一回 2008年
 小説部門 姉と見たオリオン 杉原泰洋 
      星たちのカリオン 西村優輝 
 随筆部門 二王子岳と仲間達 石田瑞穂

第二回 2009年
 小説部門 夢の中で 麻月鉈 
 随筆部門 新たに涼し 須藤登茂子

第三回 2010年 
 随筆部門 かたびら雪 中村通子

第四回 2011年
 小説部門 黑糖のかおり 村川忍 
 随筆部門 から寿司 渡会雅魚 
 童話部門 いろり きしだしげお

第五回 2012年
 小説部門 あぶらあげと笹団子 日坂ひよる
 随筆部門 越後のとりこに 光原和義
 童話部門 春をもたらす歌声 円立いな

第六回 2013年
 小説部門 命の音 加藤千尋
 随筆部門 癒すちから 水島育子

第七回 2014年
 小説部門 方舟は滑る しばしょう
 小説部門 猫とあやめ 伊瀬祥記
 童話部門 加治川で見た夢 和田彩音

第八回 2015年
 小説部門 青い夕焼け 芳賀萌黄
 童話部門 あやめのハエピン 阿部泉咲

第九回 2016年
 小説部門 世界の余白 七瀬瑛

第十回 2017年
 小説部門 あぜ道の向こう 葉山エミ
 小説部門 三日月ラグーン 朝平祐

第十一回 2018年
 小説部門 花満ちて、ひとり 真野桐子

第十二回 2019年
 小説部門 蛍の寄り道 朝平祐
 小説部門 めぐり姫 関川ちぐら

『阿賀北ロマン賞 大賞作品集』の内容(pdf形式、34.5MB)はこちらからご覧いただけます

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル