共生社会学科

cho

社会福祉の視点から、「共に生きる社会」を考える

お年寄りも、子どもたちも、障がいを持つ人も、みんなが同じ地域で支えあって暮らすことが自然です。これからは、高齢者だけ、児童だけという縦割りでなく、それぞれの個性を認め合い、地域単位で 「共に生きる社会」を形成していくことが求められます。
共生社会学科では、社会福祉の学びを通じて、これからの社会のあるべき姿である共生社会を構成していく、専門性を持った人材を育成していきます。

共生社会学科長 趙晤衍

ソーシャルワーク・コース/ソーシャルビジネス・コース(定員 40名)

ソーシャルワーク・コース

社会と人間への深い理解と広い視野に立ち、社会福祉の理論と実践をしっかりと学び、生活課題をかかえる地域や人々を支援する専門職として、社会福祉士国家試験受験資格の取得をめざす力を身につけます。

ソーシャルビジネス・コース

地域のさまざまな課題をビジネスの方法でその解決策を図るソーシャルビジネスのあり方やその仕組みについて学びます。営利を目的としない新しいビジネスを指しており、地域課題解決に必要な幅広い知識とスキルを身につける人材を育成します。

共生社会学科の教員紹介はこちら

取得できる/取得を目指す資格等

社会福祉士(国家試験受験資格)、社会福祉主事任用資格、ピアヘルパー 等

将来の主な進路

福祉施設(高齢者福祉施設・障害者支援施設・児童福祉施設 等)、福祉関連企業、社会福祉協議会、医療機関、公務員、一般企業、NPO(公益活動)等

学科専門科目

共生社会学科 ディプロマ・ポリシー

1. 自己と他者を尊重し、社会と人間への深い理解と広い視野を身につけている。(基礎知識)
2. コースに応じて社会福祉やソーシャルビジネスの専門知識と技術を学び、地域社会のさまざまな分野でのヒューマン・サービスを実践的に行うことができる。(専門知識、論理的思考、批判的思考)
3. 福祉マインド、ソーシャルワークのスキルを身につけ、共感的理解を持ったコミュニケーション能力を身につけている。(コミュニケーション能力)
4. 地域社会の課題を深く理解し、共生社会の実現を創造的に担う力を身につけている。(社会との関係)
共生社会学科では、上記の教育研究上の目的に即して、所定の単位を修得した学生に卒業が認定されます。
1年次 2年次 3年次 4年次
ソーシャルワーク・コース
共生とケア入門/社会福祉原論/キリスト教社会福祉思想史/心理学理論と心理的支援/相談援助の基盤と専門職/入門演習 社会福祉原論/倫理思想史/死生学/医学概論/相談援助の基盤と専門職/地域福祉論/高齢者福祉論/障害者福祉論/児童・家庭福祉論/就労支援サービス・更生保護制度論/相談援助の理論と方法/相談援助演習/共生とケア演習 共生の哲学/生命倫理学/社会調査の基礎/社会保障論/公的扶助論/保健医療サービス論/相談援助の理論と方法/福祉経営論/福祉行財政と福祉計画/権利擁護と成年後見制度/相談援助演習/共生とケア演習/海外福祉研修 相談援助の理論と方法/相談援助演習/共生とケア演習/卒業論文
ソーシャルビジネス・コース
共生とケア入門/社会福祉原論/キリスト教社会福祉思想史/相談援助の基盤と専門職/心理学理論と心理的支援/入門演習 社会福祉原論/社会起業論/相談援助の基盤と専門職/相談援助の理論と方法/地域福祉論/高齢者福祉論/障害者福祉論/児童・家庭福祉論/死生学/就労支援サービス・更生保護制度論/マーケティング論/地域産業論/共生とケア演習 まちづくり論/共生の哲学/相談援助の理論と方法/社会保障論/権利擁護と成年後見制度/非営利組織論/国際福祉論/社会調査の基礎/保健医療サービス論/福祉行財政と福祉計画/福祉経営論/国際人権論/国際協力論/平和学/環境経済学/現代企業論/共生とケア演習/フィールド・トレーニング事前事後指導/フィールド・トレーニング/海外福祉研修 共生とケア演習/フィールド・トレーニング/卒業論文

ページトップ

メールを送る

ページトップ

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル