国際文化学科

異文化を学び、自分と世界のつながりを考える

人が集まって社会ができ、社会の集合が世界をつくっています。グローバル化が進む今、 異なる文化を知り、自分たちの地域が国際社会とどうつながっているのか、理解することが必要です。
国際文化学科では、さまざまな文化への理解と、国際社会と地域の相互関係を学ぶことで、 グローバルな視点を持つ国際教養人を育てます。
maruhata_d

あなたと世界の接点をたくさんつくれます

国際文化学科長 丸畠宏太
グローバル化というのは、外国で暮らすとか海外企業に就職するといったことだけではありません。地方都市においても生活の一つひとつが世界とつながっています。新潟のお米にしても輸入問題による影響を知っていなければいけません。「身近なものを、グローバルな視点で見て考える」ことが求められています。敬和学園大学の幅広い授業科目は、あなたと世界との接点をたくさんつくってくれるでしょう。

歴史探究コース/多文化理解コース/国際社会コース(定員 80名)

歴史探究コース

日本史、アジア史、ヨーロッパ史の学びを通じて、人類社会の過去における営みの中に私たちの現在を知るさまざまな英知を探究し、人類にとってよりよい社会を築いていく力を育てます。

多文化理解コース

ヨーロッパ、アジアの多様な文化や習慣を理解し、グローバル化が進行する現代の多文化社会の中で、自己のアイデンティティーを保ちながら、異なる他者との絆を深める力を育てます。

国際社会コース

国際政治、環境経済、国際法、情報メディアの勉学を通じて、複雑な国際社会を分析し、グローバルな視点を養います。自分たちの社会と世界のつながりを理解し、当事者意識を持って行動する力を育てます。

国際文化学科の教員紹介はこちら

取得できる/取得を目指す資格等

中学校教諭一種免許(社会)、高等学校教諭一種免許(地理歴史・公民)、ビジネス著作権検定、ITパスポート、マイクロソフトオフィススペシャリスト(Word、Excel) 等

将来の主な進路

公務員、金融機関、一般企業、商社、外資系企業、マスコミ、観光サービス、航空会社、IT、学校、教育機関、NGO(国際協力)、NPO(公益活動)等

国際文化学科 専門科目

国際文化学科 ディプロマ・ポリシー

リベラル・アーツ教育―とりわけ人文・社会科学の教育―によって、国際的な視点と教養を身につけ、それを地域社会で活かす能力を持つ人。
国際文化学科では、上記の教育研究上の目的に即して、所定の単位を修得した学生に卒業が認定されます。
1年次 2年次 3年次 4年次
歴史探究コース
国際文化入門/科学史/国際関係史/入門演習 日本近現代史/アジア史概説/アジア史/西洋史概説/西洋史/日本思想史/キリスト教史/倫理思想史/音楽・音楽史/経済史/日本文化論/アジア文化論/ヨーロッパ文化論/ドイツ語文化圏研究/フランス語文化圏研究/イスラーム文化圏研究/英米文学と歴史/比較宗教思想/アジア民俗学/地域文化論/地誌/歴史学演習 ヨーロッパ思想史/アメリカ社会と歴史/英語文化圏研究/平和学/現代哲学/歴史学演習 歴史学演習/卒業論文
多文化理解コース
国際文化入門/科学史/入門演習 日本文化論/アジア文化論/ヨーロッパ文化論/地域文化論/アジア民俗学/ドイツ語文化圏研究/フランス語文化圏研究/イスラーム文化圏研究/文学・文化比較論/文化交流論/異文化コミュニケーション論/言語コミュニケーション論/メディア・コミュニケーション論/現代メディア論/視覚芸術論/比較宗教思想/地誌/倫理思想史/キリスト教史/音楽・音楽史/文化論演習 英語文化圏研究/現代哲学/生命倫理学/ヨーロッパ思想史/文化論演習 文化論演習/卒業論文
国際社会コース
国際文化入門/国際関係史/入門演習 国際政治論/国際経済論/国際法/経済史/マーケティング論/地域統合論/地域文化論/ドイツ語文化圏研究/フランス語文化圏研究/イスラーム文化圏研究/視覚芸術論/金融論/地域産業論/中小企業論/言語コミュニケーション論/現代メディア論/メディア・コミュニケーション論/現代社会演習 情報法/国際人権論/英語文化圏研究/国際機構論/国際協力論/平和学/環境経済学/現代企業論/社会調査の基礎/メディア英語/現代社会演習 現代社会演習/卒業論文

ページトップ

メールを送る

ページトップ

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報