国際文化学科

異文化を学び、自分と世界のつながりを考える
人が集まって社会ができ、社会の集合が世界をつくっています。グローバル化が進む今、 異なる文化を知り、自分たちの地域が国際社会とどうつながっているのか、理解することが必要です。
国際文化学科では、さまざまな文化への理解と、国際社会と地域の相互関係を学ぶことで、 グローバルな視点を持つ国際教養人を育てます。

(定員80名)

国際文化学科の教員紹介はこちら

コース・専門科目

歴史探究コース

日本史、アジア史、ヨーロッパ史の学びを通じて、人類社会の過去における営みの中に私たちの現在を知るさまざまな英知を探究し、人類にとってよりよい社会を築いていく力を育てます。

1年次 国際文化入門/科学史/国際関係史/入門演習
2年次 日本近現代史/アジア史概説/アジア史/西洋史概説/西洋史/日本思想史/キリスト教史/倫理思想史/音楽・音楽史/経済史/日本と世界の現代史/近代日本史料論/アジア近現代史/歴史学演習
3年次 ヨーロッパ思想史/アメリカ社会と歴史/歴史学演習/社会科・公民科教科教育法/社会科・地理歴史科教科教育法/社会科・公民科指導法
4年次 歴史学演習/卒業論文/社会科・地理歴史科指導法

多文化理解コース

ヨーロッパ、アジアの多様な文化や習慣を理解し、グローバル化が進行する現代の多文化社会の中で、自己のアイデンティティーを保ちながら、異なる他者との絆を深める力を育てます。

1年次 国際文化入門/入門演習
2年次 日本文化論/アジア文化論/ヨーロッパ文化論/地域文化論/アジア民俗学/ドイツ語文化圏研究/フランス語文化圏研究/イスラーム文化圏研究/現代文学・文化論/文化交流論/異文化コミュニケーション論/言語コミュニケーション論/比較宗教思想/地誌/文化論演習
3年次 英語文化圏研究/現代哲学/生命倫理学/文化論演習/社会科・公民科教科教育法/社会科・地理歴史科教科教育法/社会科・公民科指導法
4年次 文化論演習/卒業論文/社会科・地理歴史科指導法

国際社会コース

国際政治、環境経済、国際法、情報メディアの勉学を通じて、複雑な国際社会を分析し、グローバルな視点を養います。自分たちの社会と世界のつながりを理解し、当事者意識を持って行動する力を育てます。

1年次 国際文化入門/ 国際関係史/入門演習
2年次 国際政治論/国際経済論/国際法/経済史/マーケティング論/地域統合論/金融論/地域産業論/中小企業論/現代社会演習
3年次 国際人権論/国際機構論/国際協力論/平和学/環境経済学/現代企業論/社会調査の基礎/現代社会演習/社会科・公民科教科教育法/社会科・地理歴史科教科教育法/社会科・公民科指導法
4年次 現代社会演習/卒業論文/社会科・地理歴史科指導法

情報メディア・コース

情報メディアに関する諸領域を学び、ウェブや映像などの「発信力」を磨きます。「発信力」を生かした実践活動により、地域社会の課題を解決する力を養います。

1年次 国際文化入門/情報メディア論/デジタルジャーナリズム論/入門演習
2年次 デジタルコンテンツ概論/コンテンツプロデュース論/時事問題研究/Web技術/情報セキュリティ/メディア産業論/アニメ文化経済論/デジタルコンテンツ制作/映像製作/コンテンツマネジメント/スマートフォンアプリ開発/アナウンス・ナレーション実習/コピーライティング研究/広報・広告コミュニケーション論/情報メディア特論(国内研修)/海外メディア事情(海外研修)/情報メディアPBL/視覚芸術論/マーケティング論/情報メディア演習
3年次 著作権法/情報法/メディア英語/情報メディア演習/社会科・公民科教科教育法/社会科・地理歴史科教科教育法/社会科・公民科指導法
4年次 情報メディア演習/卒業論文/社会科・地理歴史科指導法

授業科目シラバスはこちら

資格・就職・進路

取得できる/取得を目指す資格等

中学校教諭一種免許(社会)、高等学校教諭一種免許(地理歴史・公民)、ビジネス著作権検定、ITパスポート、マイクロソフトオフィススペシャリスト(Word、Excel) 等

将来の主な進路

公務員、金融機関、一般企業、商社、外資系企業、マスコミ、観光サービス、航空会社、IT企業、学校、教育機関、NGO(国際協力分野)、NPO(公益分野)等

過去3年間の主な就職先

教育目的とポリシー

人類の歴史、文化、社会および情報メディアの専門教育を通して、グローバル化する社会の諸問題を認識し問題に対応できる国際感覚と知性を涵養し、社会において他者を尊重しながら協働できる人を育てます。

国際文化学科の3ポリシー

<ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)>
1. 人類の歴史、文化、社会および情報メディアに関する基礎的な教養と基本的な外国語運用能力を身につけている。(基礎知識)
2. コースに応じた専門知識を活用し、論理的思考力に基づいて問題を発見し、解決する能力を身につけている。(専門知識、論理的思考、批判的思考)
3. 他者の考えを適切に理解し、自らの意見を論理的に述べ、建設的な議論を行うことができるコミュニケーション能力を身につけている。(コミュニケーション能力)
4. 異なる考えや意見を受け入れる力を身につけ、国際社会や地域社会において他者を尊重し協働することができる。(社会との関係)

<カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)>
1. 共通専門科目と初年次後期に開講される専門分野への導入科目(国際文化入門、入門演習)を統合的に学修することにより、国際感覚を備えた教養を培う。(基礎知識)
2. 歴史、多文化、国際社会、情報メディアのそれぞれの専門コースにおいて2年次から4年次まで一貫する専門演習等を活用して少人数教育を徹底し、独自の関心に応じた研究テーマに取り組み、調査能力、論理的・批判的思考力を育成する。また、専門コースの講義科目の学修ならびに、他コース、あるいは他学科の関連科目を履修することで、多角的に自らの専門性を考察する力を養う。(専門知識、論理的思考、批判的思考)
3. 1年次の入門演習、2年次から4年次までの専門演習科目を中心にレポート作成、プレゼンテーションとディスカッション、ディベートの習熟度を高め、コミュニケーション能力の育成を図る。また、情報メディアに関する教育を通して、社会に対する情報発信力を高める。(コミュニケーション能力)
4. インターンシップ、フィールド型アクティブラーニング、留学などさまざまな学内外の教育活動により、主体性、協調性やリーダーシップを強化し、他者を尊重しながら協働する力を養う。(社会との関係)

<アドミッション・ポリシー(学生の受け入れ方針)>
・求める学生像
1. 日本と世界の文化、歴史、地理、経済、経営、法律、情報など幅広く学び、グローバルな視点に立って地域社会に貢献したいと考えている人。
2. 貧困、戦争、人権など、国際社会の諸問題の根源を知り、現状をより良い方向に変えたいと考えている人。
3. 中学社会科、高校公民科・地歴科教員として教壇に立ち、生徒たちと共に学ぶことに意欲をもつ人。
4. 起業家精神をもち、ビジネスを通して地域と世界をより良くしたいと考えている人。

・高校までの学習・体験において推奨されること/入学までに身につけてきてほしいこと
1. 世代や性別、国籍にとらわれないコミュニケーション力を身につけていること。
2. 高校までの国語、社会、英語の基礎学力を身につけていること。
3. 新聞や本を読む習慣を身につけていること。
4. さまざまなことに対する好奇心を持っていること。
5. ボランティアや部活動を積極的に経験していること。

ページトップ

メールを送る

ページトップ

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル