キャンパスライフ

【敬和スポーツ】バドミントン部が第59回西日本学生バドミントン選手権大会にて、男子団体準優勝しました[2019-09-01]

敬和学園大学のバドミントン部が第59回西日本学生バドミントン選手権大会にて、男子団体戦で準優勝しました。
準決勝では関西の強豪近畿大学に3-1で勝利し、創部以来初の団体戦準優勝となりました。

準優勝を果たしたバドミントン部メンバー

準優勝を果たしたバドミントン部メンバー

試合に臨む選手たちと試合を見守る松浦監督

試合に臨む選手たちと試合を見守る松浦監督

<大会について>
大会名:第59回西日本学生バドミントン選手権大会
開催日:2019年8月29日(木)~9月6日(金)
会場:熊本市総合体育館、熊本県立総合体育館
主催:全日本学生バドミントン連盟

大会結果

男子団体
・優勝  龍谷大学
・準優勝 敬和学園大学
・3位   近畿大学、立命館大学

<準決勝>
・敬和学園大学 3-1 近畿大学

<決勝>
・敬和学園大学 1-3 龍谷大学
中山裕貴(国際文化学科1年) 0-2 田中
小川桂汰(国際文化学科4年) 0-2 川原
小川桂汰・柴田一樹(国際文化学科3年) 2-1 本田・三宅
繪面雄司(国際文化学科4年)・久保田雄貴(国際文化学科4年) 1-2 中島・家壽多
中家拓巳(国際文化学科4年) 0-2(打ち切り) 本田

監督からのコメント

松浦進二監督
「準決勝の近畿大学戦、納得できる内容ではなかったものの、なんとか勝って初の決勝進出を果たしました。そして、決勝の龍谷大学戦。選手たちはがんばったし、結果としては競ったけれども、力の差はあったと思う。まだ優勝するのは早いですよと言われたような感じです。久しぶりにとても悔しい思いをしていますが、これから個人戦もあるので、引き続きがんばります。」

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル