キャンパスライフ

西日本学生バドミントン選手権大会で小川・柴田ペア(敬和学園大学)が優勝しました[2018-09-10]

敬和学園大学のバドミントン部 小川桂汰さん(国際文化学科3年)・柴田一樹さん(国際文化学科2年)ペアが、第58回西日本学生バドミントン選手権大会(男子ダブルス)にて、優勝しました。

試合に臨む小川・柴田ペア

試合に臨む小川・柴田ペア

ダブルス優勝の小川(右)・柴田(左)ペア

ダブルス優勝の小川(右)・柴田(左)ペア

<大会について>
大会名:第58回西日本学生バドミントン選手権大会
開催日:2018年9月2日(日)~10日(月)
会場:岡山市総合文化体育館
主催:全日本学生バドミントン連盟

大会結果

男子ダブルス
・優勝 小川桂汰(国際文化学科3年)、柴田一樹(国際文化学科2年)ペア
<決勝>
小川桂汰、柴田一樹 2-1 本田大樹・中島拓哉(龍谷大学)
21-14、20-22、21-13

監督からのコメント

松浦進二監督
「小川・柴田が男子ダブルスで優勝。やってくれました! 本来であれば、昨年も優勝してもらわなければならないところでしたが、今年ようやく優勝できました。とてもうれしいですが、すぐに全日本インカレがあるのでまた気持ちを入れ替えてがんばりたいと思います。応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました!!」

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報