木を育てるように(2代目学長 新井明)

2008年10月17日号[2008-10-17]

学生食堂に「感謝状」と読めるものが、見づらいところに貼ってあるのを発見した。調理室に入れてもらって、読んだ。「感謝状 食堂のおばちゃん殿」「食堂のお母さん  いつも私たちのために/がんばってくれてありがとう/これからも体に気をつけて/がんばってください。」そのあとに「平成19年5月13日/ともき&かおり」という署名があった。学食の方に聞くと、それは「母の日」であったという。そういえば、昨年7月の朝日新聞に、学生のひとりが、敬和は「学生、教員、事務の方、掃除のおばさんまで、みんな仲良し!」と答えていたことを思い出す。こんどは 「食堂のおばちゃん殿まで」 と入れなくてはならない。敬和は大学であるが、珍しく家庭的な雰囲気のただよう学業共同体なのだ。それを学長が言わなくとも、学生たちが言ってくれている。(新井 明)

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル