神を敬い、人に仕える(4代目学長 山田耕太)

アッシジのフランシスの「平和の祈り」[2015-08-21]

8月は平和を祈る月です。アッシジのフランシスの「平和の祈り」を献げます。(山田 耕太)

  主よ、私を平和の器(うつわ)とならせてください。
  憎しみがあるところに愛を、争いのあるところに赦しを
  分裂があるところに一致を、疑いのあるところに信仰を
  誤りがあるところに真理を、絶望のあるところには希望を
  闇のあるところに光りを、悲しみのあるところに喜びを
  もたらす種をまかせてください。

  ああ主よ、慰められるよりも、慰めるものに、
  理解されるよりも、理解するものに、
  愛されるよりも愛するものにしてください。
  それは、私たちが自ら与えることにより受け、
  赦すことによって赦され、
  自分のからだをささげて死ぬことによって
  永遠(とこしえ)の生命(いのち)を得ることができるからです。

  (『基礎演習ハンドブック』巻頭頁より)

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報