キャンパスライフ

敬和学園大学の学生が成年男子で優勝![2016-05-01]

5月1日に行われた第71回国民体育大会アーチェリー競技新潟県第一次予選にて、成年男子で小田英慶さん(国際文化学科1年)が優勝、成年女子で小林舞さん(敬和学園大学職員・アーチェリー部コーチ)が2位になりました。

優勝した小田英慶さん

優勝した小田英慶さん

 

<大会について>
大会名: 第71回国民体育大会アーチェリー競技 新潟県第一次予選
開催日: 2016年5月1日(日)
会場: 新潟大学アーチェリー場
主催: 新潟県アーチェリー協会
主管: 新潟県アーチェリー協会

大会結果

成年男子
・1位 小田英慶(国際文化学科1年 608点)
・11位 中村太一(国際文化学科1年 520点)

成年女子
・2位 小林舞(敬和学園大学職員・アーチェリー部コーチ 548点)

選手およびコーチからのコメント

小田英慶さん
「今回の国体予選はいつもどおり射つことができず、点数もあまり出せなかったのですが、優勝することができたので結果としてはよかったです。次回の国体予選ではもっと点数を上げて優勝できるように練習で調整していきたいです。」

小林舞コーチ
「今年から新潟県の選手として国体予選に参加します。皆さん、よろしくお願いします。第一次予選は調整不足、練習不足の結果が点数に現れ、酷い結果となりました。第二次予選では、点数と順位が納得できるような結果にしたいです。気持ちを入れ替えて練習に励みます!!国体予選はあと3回あるので、一つひとつの大会で確実に結果を残し、必ず代表になりたいと思います。」

中村太一さん
「得点は上がったり下がったりの繰り返しで安定しませんでした。やっぱり自分の射形がちゃんとしていないことが得点の山や谷のような結果だと思います。第二次予選では少しでも自分の点数が伸びるようにがんばっていきたいと思っています!!」

(大会当日の様子がアーチェリー部のブログに掲載されています。)

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報