キャンパスライフ

アーチェリー国体選手の激励にハードオフ山本社長が来学されました[2017-09-27]

「愛顔つなぐえひめ国体」に出場するアーチェリー部の学生を激励するため、ハードオフ山本善政社長が来学されました。

 

敬和学園大学のアーチェリー部からは、3名の学生が国体に出場します。
本学アーチェリー部の名誉監督である山本社長は、選手それぞれの調子や体調の確認、国体での目標設定など、本番にむけての激励とアドバイスをしてくださいました。

選手を激励する山本社長

選手を激励する山本社長

 

本学からは、アーチェリー部の3名に加え、バドミントン部からも1名の学生が国体に出場します。
「アーチェリー部の国体出場について」詳細はこちら
「バドミントン部の国体出場について」詳細はこちら

左から、小田選手、山本社長、山田学長、小林コーチ

左から、小田選手、山本社長、山田学長、小林コーチ

出場選手皆さんの活躍を期待しています。

 

そのほかの写真は、敬和学園大学のFacebookページからご覧いただけます。

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報