木を育てるように(2代目学長 新井明)

2005年1月28日号[2005-01-28]

1月15日(土)と16日(日)の両日にわたって、「平成17年度大学入学者選抜 大学入試センター試験」なるものが実施された。あらかじめ「独立行政法人大学入試センター」というところから、「実施要領」「輸送要領」「監督要領」「成績提供要領」の4種類の分厚い書類が配布されていて、それにもとづいて各大学では教室の設置、教職員の配置、業務分担をきめる。一時間目は9時30分開始だが、入試室関係の職員は7時には集合する。すべて駒場の入試センターの指揮の下に一糸乱れぬ行動をとることが要求される。
敬和学園大学は、来年度から、新潟医療福祉大学と隔年ごとにこの業務を遂行することになったので、今年はそちらの大学の教職員の方がたが視察をかねて、相当数参加された。そのおかげで、今年は例年にない人的・知的交わりの場が与えられ、将来にむけて教育面での新しい交流の可能性さえ示唆された。(新井 明)

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報