神を敬い、人に仕える(4代目学長 山田耕太)

センター試験が無事終わりました[2017-01-20]

先週の13日金曜から14日土曜にかけて、久しぶりの大雪となりました。新発田市内の私の家の辺りでも、積雪が二日間で合わせて1メートル近くに及びました。

13日に黒龍江省ハルビン市の中学2年生35人が引率の先生3人と旅行代理店の人と共に、修学旅行の一環で新発田市を訪れ、本学に来学しました。私は歓迎あいさつの中で、「山椒は小粒でピリリと辛い」という言葉を引用して、小規模の大学ではあるがユニークな教育をしていることを紹介しました。ハルビンの中学生は学内見学の後で、チャペル・アッセンブリ・アワーに参加し、2年生のゼミ単位のボランティア活動報告に耳を傾けました。

2017.1.20学長ブログ

中国黒龍江省ハルビン市の中学生が来学しました

 

14日から15日に、本学でセンター試験が行われ、阿賀北の村上市を中心にした450人を超える高校生が受験しました。豪雪にもかかわらず、試験開始時間を繰り下げることもなく、再試験者や英語リスニング試験の再開テスト者を出すこともなく、無事終えることができました。

今年で本学がセンター試験の会場となって20年を越え、また村上市の新潟リハビリテーション大学の教職員と本学の教職員が一緒に本学で試験を開催するようになって7年目となりました。その間に、試験開始時刻を繰り下げることもなく、再試験者や英語リスニング試験の再開テスト者を出すことなく、無事にセンター試験を行うことができたことは感謝です。(山田 耕太)

2017.1.20学長ブログ

豪雪にもかかわらず、無事終えることができました

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル