キャンパス日誌

【アクティブラーニング紹介19】地域の防災ジオラマづくり

【アクティブラーニング紹介19】地域の防災ジオラマづくり

共生社会学科の堀野ゼミの学生たちが、新発田市の防災ジオラマを作成しました。

地形の変化を見やすい立体的なジオラマ

地形の変化を見やすい立体的なジオラマ

 

学生たちは、今年7月の箱根大涌谷での土砂崩れのニュースを見て、地域の住民の皆さんが、地形による土砂崩れや河川の氾濫などのリスクを考えるきっかけとなるように、新発田市の小学校区ごとに地形の変化など災害リスクを見やすいように立体的な防災ジオラマを作成しました。ジオラマは、段ボールなどリサイクル可能なもので作成しました。

総合防災訓練での展示

総合防災訓練での展示

 

このジオラマは、新発田市総合防災訓練の会場や本学図書館で展示しました。

防災ジオラマを作成した堀野ゼミの学生たち

防災ジオラマを作成した堀野ゼミの学生たち