有田 佳代子(ありた かよこ)

職名

特任准教授 (人文学部)

主な担当科目

日本語、日本事情、留学生と学ぶ日本語表現、日本語表現、日本語能力試験対策クラス、日本語教育学概論

こんな授業をしています

日本語もその他の言語も使って、人間関係のネットワークを広げること。
万華鏡のように変化し続ける「社会」や「文化」や「ことば」を、発見するプロセスの場となること。
国籍や性別などの属性を超えて、「対話」のできる関係を構築すること。
「あたりまえ」「常識」と思っていることをもう一度手に取って、別の側面から考えようとする意識・意欲を持つこと。 どのクラスでも、こうした力の開発を目指しています。

▶ 連絡先: arita@keiwa-c.ac.jp
出前講義の内容はこちら

略歴

1983年 青山学院大学文学部史学科 卒業
1992年 早稲田大学社会科学部 卒業
2001年 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際関係学専攻修士課程 修了(修士(国際関係学))
2011年 一橋大学大学院言語社会研究科博士後期課程 単位取得満期退学(博士(学術))
2002年より 敬和学園大学

研究分野・主な研究業績

研究分野
日本語教育学(日本語教師研究、日本語教授法、日本語教育史)

主な著書・研究業績
  • 『まやかしの外国人研修制度』 外国人研修生問題ネットワーク編、現代人文社、2000年。(共著)
  • 『生活漢字306 英語・タガログ語版 第3版』 アジアの女たちの会 立ち寄りサポートセンター「町屋日本語教室」編、凡人社、2009年。(共著)
  • 『会話の授業を楽しくする コミュニケーションのためのクラス活動40』 石黒圭編、スリーエーネットワーク、2011年。(共著)
  • 『日本語教師のための実践・作文指導』 石黒圭編、くろしお出版、2014年。(共著)
  • 『日本語教師の「葛藤」 構造的拘束性と主体的調整のありよう』 ココ出版、2016年。(単著)
  • 『心ときめくオキテ破りの日本語教授法』 五味正信・石黒圭編、くろしお出版、2016年。(共著)
主な所属学会
日本語教育学会、異文化間教育学会、日本言語政策学会、言語文化教育研究学会

詳細な「研究者情報(ReaD)」はこちら(外部リンク)

地域での活動(オープンカレッジ等)

2015年2月 新潟市国際課・防災課担当者研修「多文化共生社会と『やさしい日本語』を使ったコミュニケーション」
2015年6月 新潟市新入職員研修「多文化共生社会と『やさしい日本語』を使ったコミュニケーション」
2015年9月 柏崎市国際交流協会「『やさしい日本語』をつかったコミュニケーションで日本語学習支援をスムーズに」
2015年10月 新潟市北区オープンカレッジ「多文化共生社会と『やさしい日本語』を使ったコミュニケーション」
2015年11月 新潟県国際交流協会「外国につながる子どもたちと保護者のための進路ガイダンス」
2015年11月 新発田市人権啓発課「人権フェスティバル 多文化共生社会と外国人の人権」コーディネータ
2015年12月 新潟県立新潟江南高校人文学系講座「多文化共生社会のコミュニケーション」
2016年4月 新潟市新入職員研修(新潟市人事課主催、新潟市国際交流協会共催)「多文化共生社会のコミュニケーション」
2016年9月 北越高校大学講座講義「多文化共生社会のコミュニケーション やさしい日本語を中心に」
2017年1月 新潟県立中条高校人文学系講座講義「多文化共生社会のコミュニケーション」

ページトップ

メールを送る

ページトップ

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報