佐藤 渉(さとう わたる)

職名

教授 (人文学部 国際文化学科)

主な担当科目

フランス語、文化論演習

こんな授業をしています

フランス語の授業では、言語だけでなく、歌や映画などさまざまな教材を活用して、フランスについてのすべて(ひと・文化・社会・歴史)を学べるよう工夫しています。演習では、文字、絵画、漫画、写真、映像、アニメなど、視覚的素材を、ことばに「書き換える」ことを試しています。

▶ 連絡先: sato@keiwa-c.ac.jp
出前講義の内容はこちら

略歴

1974年 明治学院大学フランス文学科 卒業
1976年 慶應義塾大学大学院文学研究科フランス文学専攻修士課程 修了
1979年 慶應義塾大学大学院文学研究科フランス文学専攻博士課程 単位取得満期退学
1985年 モンプリエIII(ポール・ヴァレリー大学)博士課程 修了(文学博士)
1991年より 敬和学園大学

研究分野・主な研究業績

研究分野
  • ヴァレリーとマラルメとの師弟関係
  • 第二次世界大戦下の、フランスの女性政策
  • イメージのテクスト分析

主な著書・研究業績
  • 「Sur l’Ange de Paul Valery」 『敬和学園大学研究紀要』第13号、2004年。
  • 「『アメリ』をテクスト分析する」 『敬和学園大学研究紀要』第12号、2003年。
  • 「コリーヌ・セロー『女と男の危機』をテクスト分析する」 新潟大学言語文化研究 第8号、2002年。
主な所属学会
日本フランス語フランス文学会

詳細な「研究者情報(ReaD)」はこちら(外部リンク)

地域での活動

2016年6月 LGBT人権研究グループKeiwa-sign公開セミナー 第1回精神分析における『セクシュアリティー』
2013年10月 新発田市オープンカレッジ 「フランス文化を楽しむ」
2009年6月 新発田市オープンカレッジ 「宗教、文学、コミュニケーションの視点から」(パネリスト)

ページトップ

メールを送る

ページトップ

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル